安楽死・尊厳死法制化を阻止する会
声明
賛同者・賛同団体
とりきめ
活動案内
トップページ
活動案内

安楽死・尊厳死法制化を阻止する会
3.29シンポジウム

 厚労省が昨年終末期医療について、アンケートやヒヤリング懇談会を開催し、尊厳死協会からは「植物状態」を念頭においた法制化の意見が出されています。また、救急医学会のガイドラインを適用し、「延命」中止事例が報道されています。これは放置できないので、阻止する会として検討し、遷延性意識障害者をはじめ、「終末期」と見なされた者が、治療を中止されないよう発言していきましょう。皆さまのご出席をおまちしています。


◆日時 2009年3月29日(日) 14時〜17時 (受付13時45分〜)
◆場所 文京シビックセンター スカイホール
文京区春日1−16−21 文京シビックセンター26階(地図
(TEL 03-5803-1100代表)
◆資料代 1,000円
◆内容

「終末期」医療についての検討会

*ガイドライン後の「終末期」医療の実態、「終末期」「延命」中止とは
*意思決定、意思決定できない者の治療中止
尊厳死協会は、「会員の多くは植物状態を念頭においており」「尊厳死法制化」の運動をくりひろげています。このような法制化を阻止するため、次の先生方のご意見をお伺いし、全体で討論しましょう。

− シンポジスト・タイムスケジュール −
14:15 開会のことば
14:25 経過報告:阻止する会事務局長 清水昭美
14:35 シンポジスト: 東京第二弁護士会 光石忠敬弁護士
14:55   横内正利氏 内科医(元浴風会診療部長・現在クリニック院長)
15:15   山口研一郎氏 脳外科医(やまぐちクリニック院長・現代医療を考える会代表)
15:35   立岩真也氏(立命館大学大学院教授)
15:55〜16:05     休憩
16:05 質疑応答
16:45 閉会のことば

※会場に定員がありますので、ご参加いただける方は事務局宛ご連絡ください。
出欠連絡はメール(shimizu@ginzadori-law.jp)でも可能です。
その場合は件名に「阻止する会出席連絡」と明記して下さい。

主催:安楽死・尊厳死法制化を阻止する会

阻止する会代表 原田正純(熊本学園大学教授)・世話人(五十音順)柏原晃一(弁護士)・清水建夫(弁護士)清水昭美(「脳死」・臓器移植を許さない市民の会代表)・立岩真也(立命館大学大学院教授)・鶴見俊輔(哲学者)橋本操(NPO法人ALS/MNDサポートセンター・さくら会会長)・八木晃介(花園大学教授)


連絡先:安楽死・尊厳死法制化を阻止する会事務局 事務局長:清水昭美 TEL:03-5568-7603 FAX:03-5568-7607 メールアドレス:shimizu@ginzadori-law.jp
HP:http://soshisuru.fc2web.com/
←活動案内に戻る
 

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO