安楽死・尊厳死法制化を阻止する会
声明
賛同者・賛同団体
とりきめ
活動案内
トップページ
活動案内
緊急集会!
現行 改定臓器移植法の事実上の停止を!!
問われる「本人の意思」・「家族の同意」による脳死臓器移植
 平成22年7月17日より本人の臓器提供の意思が不明な場合でも家族の承諾で脳死判定と臓器提供が可能になりました。毎日新聞によると11月3日現在で家族による承諾での臓器移植例が16例となりました。このようななか、先月14日に「ただでさえ、くも膜下出血の術後のストレスでいっぱいで不安で眠れぬ日が多かったのに、自分が、意識がなくなったら体が切り刻まれ、死後家にも帰れず、葬式もしてもらえないかと思うと、怖くて、怖くて、うつ病になりました。気力も出ず、何をしても楽しくなく、暗く、悲しく、恐怖に震える日々です。」という50代の患者さんからのfaxが事務局へ届きました。家族との関係が希薄になる高齢者が多いことが今年になってから発覚し、日本の長寿国の誇りがもろく崩れ去るような事件が日本国中に起こっている実態が発覚しています。また、移植でしか助からないと言われていた拡張型心筋症の治療が進んでいることにも目を向け、情報発信しなければなりません。
  本人の意思の尊重、家族の同意の在り方について、根本から考えてみたいと思います。
  今回は、改定脳死臓器移植法の施行を危惧され、施行後は停止するべきと主張される弁護士光石忠敬先生に講演をお願いしました。国会議員の郡和子先生、医師の渡部良夫先生にお話いただき、清水昭美からは資料の報告と重症患者さんからの訴えについて報告します。
  法律とは人々の命を守るためにあるべきと考えるとき、脳死臓器移植法はその本分を全うできる法律といえるでしょうか。難病、重症の人々を切り捨て、より苦しませるのではなく、共に支え、生き抜く方向をめざし、討論し対策を考えたいと思います。
日時 2010年12月9日(木) 18時20分〜 (受付開始18時)
講演 18時30分〜19時30分
講師 光石 忠敬 先生(東京第二弁護士会所属 弁護士)
改定「臓器移植法を事実上停止に!!」
質疑 19時30分〜19時40分
国会報告 19時40分〜20時 改定臓器移植法施行により危惧される実態
  衆議院議員 厚労委員 郡 和子 先生
バチカンの国際共同声明を再考する(20時〜20時20分)
  心臓内科医 渡部良夫 先生
資料報告・最重症者の不安、悲痛な訴え報告
        (20時20分〜20時40分)
  「脳死」臓器移植を許さない市民の会代表 清水昭美
討議と対策 (20時40分〜21時25分)
        家族の同意による臓器提供は問題がありすぎる
場所 文京シビックセンター スカイホール
文京区春日1-16-21 文京シビックセンター26階
参加費 1,000円
※参加していただける方は、事前にご連絡下さい。
主催:「脳死」臓器移植を許さない市民の会 代表 清水昭美
〒104-0061 東京都中央区銀座6-9-7 近畿建物銀座ビル7階
銀座通り法律事務所 TEL:03-5568-7603    FAX:03-5568-7607
 

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO